ネットバンクの金利がダントツ!

少しでも利息の高いところに貯金したいのであれば、ネット専業でやっているネットバンクがベストです。理由はカンタン。

一般的な銀行に比べて店舗やスタッフが圧倒的に少ないことから、そのぶん金利が高く出来るからです。

長期間預ける定期預金になれば、その差はより明確に出てきますね。

以下、信頼度も高くておすすめのネットバンクの金利比較表を掲載しておきますので、皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

少しでも利息が良いところに預けたい!

大切なお金をせっかく銀行に貯金するのであれば、より金利が高い銀行に預けたいですよね?そんなときはネットバンクのキャンペーンを上手に使おう!

そもそも銀行とは?

銀行は、個人や企業などからお金を集め、そのお金を企業や個人に融資する、という金融機関の1つです。銀行には、都市銀行、地方銀行、信用金庫、農林系金融機関などがあり、最近では全ての取引・手続きをインターネット上で行うことができるネットバンクも登場しています。

銀行は「金融仲介・信用創造・決済」という三つの機能を有しています。金融仲介とは先述のように「個人や企業から預金を集め、融資を受けたい人に貸す」ということです。また、決済というのは、日常用語でもよく使われる「振込」「振替」などに該当することで、現金のやり取りをするのではなく、銀行口座間の資金をやり取りするという方法で、取引をすることです。私たちが銀行から受け取ることのできる「利子」とは、銀行がこれらの業務を行って得た利益の一部と考えて良いでしょう。

銀行の利子は、基本的に「各銀行が自由に決めて良い」ことになっています。ただ、各銀行の利子を見比べていただくとわかるように、あまりかけ離れた数値は並んでいません。銀行は「預かったお金は、利子をつけて返さなければならない」のです。高い金利を支払う約束をすれば、一時的にはお金が集まります。しかし、満期を迎えたとき、高い利子を支払うことができるかどうかは、慎重に計算しておかなければなりません。そこで銀行は「短期金利」「長期金利」といった数値を元に、利子を決めているのです。そのため、いくつもの銀行の利子が、似たような数値になるものなのです。

銀行から即日融資の借入時は利率も気をつける

銀行といえども商売ですが、カードローンの利率で自分の取り分を確保しなければ商売にならない。しかしそれは逆に言えば、借りる方にダイレクトに反映される負担でもあります。だからキャッシングの利率こそ、もっともシビアに考えなければならない条件でしょう。即日融資が必要な場合、カードローンの利息を気にせずあせって借りる方もいらっしゃいますが、借りる金額がそれ以外にも車のローンや家のローンなどへとどんどん大きく成る程、この数字は気にしなければなりません。規則的に支払われるお金のことも考えてやはり大手銀行といえどもご利用は計画的にですね。

 
Copyright © 2012 銀行利子.com 【 金利の高い預金口座はどこの銀行? 】. All rights reserved