銀行利子と長期金利

長期金利とは、「期間1年以上の金利」をいい、市場で売買される10年もの国債の金利をもとにして、決まるものです。「国債」というのは「国にお金を貸しています」という借用証のことで、この債券は、満期になるまでの間「債券市場」と通して、売買が行われています。そのため、国債の価格は日々変動をしています。

本来、国債というのは「お金を貸している証」であるため「原則的には、貸したお金は返ってくる」と考えられており、それが株式に投資をする場合とは違うところです。ただし「国が経済的に破綻した」という場合には、債券は紙くずになってしまいます。企業が経営破綻をすることに比べれば、国が経済的に破綻する可能性は低いのですが、それでもゼロではありません。さらに、同じ国債でも、他国のもののほうが、もっと利回りが良いと言う場合には、「日本の国債よりも、他国のものを買いたい」と言う人も、いるかもしれません。

そのため「国債を買いたい人・売りたい人」の数は常に変動しているのです。「日本の国債が欲しい」という人が増えれば、国債の価格が上がります。一方で「国債は要らない」という人のほうが置ければ、価格が下がります。

こういった変動を受けて、長期金利が変わってきます。長期にわたる預金(1年以上の定期預金)の金利は、長期金利の影響を受けてきまることになります。どのタイミングで、1年以上の定期預金を組むのが良いかチェックするためには、長期金利の動向をチェックするといいですね。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 銀行利子.com 【 金利の高い預金口座はどこの銀行? 】. All rights reserved