銀行に預けるメリットは?

銀行にお金を預けるメリットは「利子がもらえる」ということを、真っ先に思いつきます。それは正しく、普通預金に預け入れているならば、短期金利を勘案して銀行が決めた利子がもらえます。長期の定期預金に預け入れているならば、長期金利をもとに銀行が設定する利子を受け取ることができます。

また、銀行からお金を引き出すことが、大変便利になっています。その分「大金を家に置いておかなくても良い」というメリットがあります。大金を家に置いていると、盗難や火災などが起こった場合に、全ての資産を一度に失ってしまう、ということがあります。しかし、銀行に預けておけば、盗難や火災があった場合でも、資産がゼロになることはありません。また、銀行に連絡を入れることで、資金を引き出されることをストップしてもらい、資産を守ることができます。

「ペイオフ」という制度がありますので、銀行が経営破綻した場合には、預金保険機構が、預金者に「元本1,000万円までとその利子」を支払ってくれるという制度があります。国債や社債などを買っていた場合、国や会社が存続する限りは、元本が戻ってくる可能性が高いのですが、それでも破綻・破産をする可能性はゼロではありません。また株式投資やFXなどを行っていた場合には、投資したお金がゼロになったり、場合によっては損失を出してしまうというケースもあります。銀行預金をすることは「資産を守る」という意味では、大きなメリットがあるのです。もし、銀行利子より高い利回りを生み出したいなら、余裕資金を資産運用に回すという考えが良いでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 銀行利子.com 【 金利の高い預金口座はどこの銀行? 】. All rights reserved