銀行利子は確定申告の必要がある?

普通預金の利息は「所得」になりますので、税金がかかります。普通預金の利息を受け取ったら、20パーセントを税金として納めなければならず、その内訳は「所得税が15%、住民税が5%」となります。銀行の広告などで、利子の宣伝をよく見ると「税引前」という言葉が書かれていることがあります。これは「税金でもっていかれるお金」を計算に入れていない、ということです。

預金に利子がついた場合、所得税や住民税の部分が差し引かれた後の額が入金されています。そのため「利子所得に関する税金を納めるため」だけに、確定申告をする必要はありません。ただ自営業者の方や、何らかの事情で確定申告をしたいという方は、税務署や青色申告会、税理士会の税務相談を念のため受けてみると、より安心することができるでしょう。

日本の銀行から受け取る利子については、確定申告に含める必要がないことが多いのですが、もしも「海外の銀行に口座を持っている」という場合で、海外の銀行から利子を受け取っている場合には、源泉徴収が行われていないために、確定申告を行って納税する必要が出てきます。「利子所得」として他の所得と合算の上で、総合課税がされることになります。海外で税金を差し引かれている場合には「外国税額控除」の適用が受けられて、還付を受けることができる可能性もあります。そのため「海外に口座を持っていて、銀行から利子を受け取っているなら、確定申告は必要」と考えましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 銀行利子.com 【 金利の高い預金口座はどこの銀行? 】. All rights reserved