ネット銀行の利子が高いのは?

従来の銀行に加えて、最近はインターネット上で全ての手続きを行うことができる「ネット銀行」が登場しています。従来の銀行が、インターネットバンキングサービスを提供しているケースもあるのですが、ネット業務にのみ専業ということもあります。ネット専業の銀行は、人件費や施設の維持管理費を安く抑えることができます。その分、預金の利子は高く、カードローンなどの金利は安く設定することが可能です。

ネット銀行は利子が高いというメリットはあるのですが、パソコンやインターネットが苦手と言う方には、敷居が高いかもしれません。必要書類の提出なども、インターネットや郵送を通して行いますし、通帳なども発行されず、利用者はオンラインで利用明細書を表示し、印刷するという形式のことも多いのです。さらに「ネット銀行のセキュリティ」についても、報道で取りざたされることはあります。そのため「不安な感じ」を抱いてしまう人も、いるかもしれません。

ただ、ネット銀行は「れっきとした銀行」であることは、非常に大きなメリットです。預金をした場合には、銀行が経営破綻した場合でも1,000万円までは手元に戻ってくることになります。また、セキュリティに関する事故が起こった場合に備えて、保険に加入しているネット銀行も多いです。メインバンクとしては他の銀行を利用しておくこと、余裕資金をネット銀行に預けることなどで、操作上の不安などを味わわなくて済むかもしれませんね。長期に預金をするならば、利子の高いネット銀行のほうが、結果的には有利になってきます。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 銀行利子.com 【 金利の高い預金口座はどこの銀行? 】. All rights reserved