海外の銀行と利子

日本の金利が低いために、外貨建て預金や海外の銀行への預金に興味を持つ方も、いるかもしれません。また海外で生活を送っていたり、海外出張が多かったりするという人もいるでしょう。そのため外貨建て預金をしたり、海外で銀行口座を開いたりする人も増えているのです。海外の銀行の利子は、日本より高いこともありますが、実は一つ注意が必要なのです。

外貨と日本円の間で、為替変動が起こった場合には「預金をしているにも関わらず、資産価値が目減りしてしまう」ということがあります。もちろん「外貨建てでの元本」は保証されるのですが、為替変動リスクというものが無視できないのです。厳しい言い方をすれば、利子が高い国というのは「金利を高くしないと、見向きもしてもらえない国」という面もあるのです。そのため、国の情勢、経済状況、その他様々な要因で、通貨の価値が下がることがあり、注意が必要です。

また「海外の銀行に口座を持っており、利子を受け取っている」という場合に、日本に納税をする必要がないという考えを持つ人がいますが、これは誤りです。海外の銀行から利子を受け取っている場合には、日本の所得税や住民税の源泉徴収が行われていません。その分を「利子所得」として他の所得と合算の上で、総合課税がされることになります。一方で、海外で税金を差し引かれている場合には「外国税額控除」の適用が受けられて、還付を受けることができる可能性もあります。そのため「海外に口座を持っていて、銀行から利子を受け取っているなら、確定申告は必要」と考えましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 銀行利子.com 【 金利の高い預金口座はどこの銀行? 】. All rights reserved